若竹ホームの性教育は、ある程度の年代に分けてグループや個別で性教育を行っています。

グループでの性教育は身体のことだけではなく色々なことをテーマにして話し合ったり、実践したり。
今までに行ったことは、年長児グループは「身体の成長と心の成長」・「自分の良いところ/相手の良いところ」・「人との適度な距離を学ぼう」など、幼児さんグループでは「身体や頭の洗い方」・「自分の身を守る練習」など色々と必要だと思うことをテーマにして取り組んでいます。

 

先日、男子中高生たちの性教育が学習会形式で行われました。
今回のテーマは、『悩みを話すとしあわせになれる』です!このことについて細かく順を追って話しました。

性教育はすぐに結びつくことはほとんどなく、性教育だけでは足りません!
寮職員とも協力して生活場面でも取り入れ、少しずつ色々なことが繋がっていきます。
自分や相手を大切にできるようになるために今後も続けていきたいと思います。